« 『進化的意思決定』 | トップページ | えるもーる烏山 »

イアン・ハッキング『偶然を飼いならす』

Hacking The Taming of Chance  Ian Hacking (Cambridge University Press 1990)の翻訳.

重田園江(明治大学助教授)との共訳.木鐸社 1999年




1章 本書の概要 

 決定論は19世紀中に衰退し、chanceという自律的な法則のために空間が開かれた。また、human natureという概念は、dispersionの法則に従うnormal peopleというモデルに取って代わられた。これら二つの変化は平行して起こり、相互に影響を与えあっていた。偶然は世界から気まぐれを減らし、言わば混沌から秩序を生み出したために、その正当性を認められたのである。世界と人々について我々が行う概念化において、非決定論の要素が強くなるにつれて、逆説的であるが、期待できる統制の水準が高まったのである。

 これらの出来事はナポレオン時代の終わりの<印刷された数字の洪水the avalanche of printed numbers>から始まった。さまざまな人間行動、特に犯罪や自殺などの悪い行いが計測されるようになると、それらは毎年驚くべき規則正しさで起こることが分かった。社会の統計法則が、逸脱についての公的な統計表から出現してきたのである。平均やばらつきのデータが正常人という概念を生み、さらに新しい社会工学、つまり好ましくない階級を改良するための新しい方法を生み出した。

 19世紀初めには、統計法則は根底にある決定論的な出来事に還元されると考えられていた。しかしやがて、統計法則の方が優越することが明らかとなり、紆余曲折を経ながらも、ゆっくりと決定論を浸食していった。やがて、統計法則は決定論に依存せず独立した法則と見なされるようになり、その影響は自然現象にまで拡張された。こうして、新たな種類の「客観的知識」が存在するようになった。それは、自然や社会過程についての情報を獲得するための新しいテクノロジーの産物であった。このようにして正当化されるようになった統計法則は、出来事の過程を記述するためだけでなく、説明し理解するためにも使用されるようになった。こうして自然と社会の基盤を形作る素材になったという意味で、偶然は飼いならされたのである。

(本書の「目次」の第1章の部分を抜粋)

avalancheは「雪崩」と訳すのが正しい.

|

« 『進化的意思決定』 | トップページ | えるもーる烏山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『進化的意思決定』 | トップページ | えるもーる烏山 »