« 日常生活の社会学(日本女子体育大学) | トップページ | 第11回援農 »

小集団論(立教大学)

最終回

小集団における見えざる規則の発見(1930年代)⇒機能主義的な一般化(1950年代)⇒機能主義批判(1980年代~)という大きな流れを振り返る.

  ネットワーク分析は,学部学生にも興味のありそうなものを取り上げた.

馬場康彦・近藤克則「社会的ネットワークと主観的健康感:縦断分析による検証」

 パネル分析で,社会的ネットワーク規模が大きくなるほど主観的健康感が高くなることを重回帰分析で示したもの.

 

|

« 日常生活の社会学(日本女子体育大学) | トップページ | 第11回援農 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145854/7698793

この記事へのトラックバック一覧です: 小集団論(立教大学):

« 日常生活の社会学(日本女子体育大学) | トップページ | 第11回援農 »